内在性酵素活性化ダッタンソバ由来ケルセチン・ルチン
機能性素材名 内在性酵素活性化ダッタンソバ由来ケルセチン・ルチン Quercetin and Rutin-rich Tartary buckwheat activating endogenous enzyme
素材商品名
機能性分野
機能性素材の由来と概要 ダッタンソバを25℃, 4時間保温することで内在性ルチン分解酵素を活性化させ、ルチンからケルセチンを生成させる熟成工程を経る。
実施試験
論文1
著者 田中洋子, 米田実央, 鳥海 滋, 大坪雅史, 筆村千恵子, 大久保岩男, 西 隆司, 荒川義人
論文タイトル ダッタンソバ茹麺の血糖上昇抑制作用とその関与成分
雑誌名 日本補完代替医療学会誌
巻号 18(1) ページ 29-36 発行年 2021
要約(和文) ダッタンソバ茹麺の70%メタノール抽出乾固物(ルチン51.6mg/g, ケルセチン72.2mg/g含有)にα-グルコシダーゼ阻害活性が確認され、シリカゲルカラムクロマトグラフィーにより分画した画分ではケルセチン、ルチンを多く含む画分に顕著なα-グルコシダーゼ阻害活性が認められた。本研究で試料としたダッタンソバ茹麺には、ルチナーゼの作用でルチンから生じたケルセチンが含まれていることから、抽出乾固物のα-グルコシダーゼ阻害活性にはルチン、ケルセチン両成分が関与すると推察される。 2種のソバ茹麺(ダッタンソバ、普通ソバ)の摂食後の血糖値の変化の比較では、ダッタンソバ茹麺摂食による血糖値上昇抑制作用が認められ、ダッタンソバ茹麺摂食40分経過後の血糖値が有意に低かった(p<0.05)。その作用は豪軽量935mg(ルチン換算)に相当するルチン(270mg)、ケルセチン(330.5mg)による消化管内におけるα-グルコシダーゼ阻害作用に起因し、摂食試料の糖質の消化、腸管からの吸収が阻害され、血糖値の上昇が抑制されたと推察される。とくに血糖値上昇抑制作用には、一定量のケルセチンの存在が重要であると思われる。糖尿病の発症や重篤化の予防には、食後の急激な血糖値の上昇を抑制することが重要とされている。ダッタンソバ茹麺には、その一助となる可能性が示唆された。
機能性素材名 内在性酵素活性化ダッタンソバ由来ケルセチン・ルチン
形状
色調
風味特性
安全性/加工特性
使用例
荷姿
賞味期限 6ヶ月
保存方法 冷凍
使用・保管・廃棄上の注意 -18℃以下で保存
製造工程 ①原料(蕎麦粉、小麦粉)計量 ②攪拌 ③加水 ④製麺
⑤計量・包装 ⑥熟成(25℃, 4時間) ⑦冷凍保存(-25℃)
会社名 有限会社大中山ふでむら
電話番号 0138-85-6934
E-mail
URL http://e-soba.biz/gaiyou/
機能性ポスター