エイ由来コンドロイチン硫酸オリゴ糖(商品名: ナノ型コンドロイチン )
機能性素材名 エイ由来コンドロイチン硫酸オリゴ糖 Chondroitin sulfate oligosaccharide
素材商品名 ナノ型コンドロイチン
機能性分野 脂質代謝,ロコモ・運動機能
機能性素材の由来と概要 北海道で水揚げされるガンギエイ(カスベ)の軟骨から抽出される高分子のコンドロイチン硫酸を、腸管からの吸収性に優れた低分子にした素材です。(商品名:ナノ型コンドロイチン®)
実施試験 遺伝毒性試験:復帰突然変異試験(Ames試験),単回投与毒性試験,反復摂取毒性試験
論文1
著者
論文タイトル
雑誌名
要約(和文)
論文1 論文種別 ヒト介入試験 機能性分野 ロコモ・運動機能
著者 Mie Nishimura, Nobuyuki Miyamoto, Jun Nishihira
論文タイトル Daily Oral Chondroitin Sulfate Oligosaccharides for Knee Joint Pain in Healthy Subjects: ...
雑誌名 The Open Nutrition Journal
要約(和文) Daily Oral Chondroitin Sulfate Oligosaccharides for Knee Joint Pain in Healthy Subjects: A Randomized, Blinded, Placebo-Controlled Study 60名の健常成人に100mgのコンドロイチン硫酸オリゴ糖又はプラセボを8週間摂取させ変形性膝関節症患者機能評価尺度(JKOM)及びビジュアルアナログスケール(VAS)にて評価した。JKOMスコアに有意な差は認められなかったが、VASスコアが低い被験者(膝の状態が比較的不良な被験者)でJKOMスコアが有意に改善された。またロコモティブシンドロームのリスクを図る立ち上がりテストにおいてコンドロイチン硫酸オリゴ糖摂取群で改善が認められた。身体計測、血液検査及び問診において摂取群に異常は認められなかった。
論文概要 - 論文リンク 論文リンク
論文2 論文種別 in vitro/ex vivo 機能性分野 脂質代謝
著者 Wen Lia, Taishi Kobayashi, Syoichi Moroi, Hiroki Kotake, Yasuaki Takagi et al.
論文タイトル Anti-obesity effects of chondroitin sulfate oligosaccharides from the skate Raja pulchra
雑誌名 Carbohydrate Polymers,
要約(和文) Anti-obesity effects of chondroitin sulfate oligosaccharides from the skate Raja pulchra
論文概要 - 論文リンク 論文リンク
機能性素材名 エイ由来コンドロイチン硫酸オリゴ糖
形状 粉末
色調 白色
風味特性 弱い酸味、ほとんど無臭
安全性/加工特性 水に容易に溶ける
使用例 錠剤、カプセル
荷姿 内装;ポリエチレン袋 / 外装:ダンボール
賞味期限 製造日より2年間
保存方法 高温多湿を避け密閉して常温保存
使用・保管・廃棄上の注意 作業時には粉塵を吸入しないように注意する
製造工程 ①マイクロ化学プロセス処理 ②限外ろ過 ③活性炭処理 ④乾燥(スプレードライ)
⑤分級 ⑥梱包 ⑦金属検査 ⑧出荷
会社名 丸共バイオフーズ株式会社 ファインケミカル研究所 TEL 011-676-5702
電話番号
E-mail
URL http://www.mbf-net.com
機能性ポスター